製造工程 鍛造リングの工程数の多さは、お客様へお届けする私たちの「想い」です。

鍛造リングとはどのように製造されているのでしょうか。
鍛造リングは、鍛造切削製法で作られた指輪であり、鋳造製法と比べると工程数の多さが特徴とも言えます。
多くの工程を熟練の職人が一つ一つ丁寧に作り上げていくため、大量生産は難しいですが、お客様の「夢や幸福、感動」を実現するために、
この工程数は欠かすことができません。また、私たちは素材から、完成品まですべて自社内で一貫して製造しています。

この「鍛造リングが出来上がるまでの流れ」と工程ごとの「職人の想い」を簡単にご紹介します。

製品の良否は素材で大きく左右されます

  1. 溶解
    溶解(詳細)
    職人の息づかいを感ずる瞬間

    熟練の職人が厳選した品位の確かなプラチナ・金などの地金を高温(プラチナは1800℃以上、金は1100℃以上)で溶解し、素材を作ります。
    地金は生き物とも言われ、四季によって微妙に溶解方法を変える必要があるのです。溶融状態の見極めが材料の良否を決めます。

  2. 鍛造
    鍛造(詳細)
    何度も叩き、鍛え、硬度を高める

    溶解した材料を、エアハンマーで叩いて鍛えます。何度も何度も叩き鍛えながら、材料内の気泡を押し出し、密度の濃い合金を作ります。この何度も叩き・鍛えるという工程が鍛造リングには必要不可欠です。

  3. 圧延
    圧延(詳細)
    オーダーした規格まで圧延を繰り返す

    ロール機で繰り返し圧縮することで、均一性を保持しながら素材の組織を締め、必要な規格まで圧延を繰り返します。圧延を繰り返しながら、表面に内在する膨れ、スが無いか職人の目利きが必要です。

  4. 成分・品質チェック
    最後に蛍光X線装置で成分や品質チェックを行いワールドリングへ納品します。

鍛え抜かれた素材が職人の匠の技で指輪として誕生します

  1. 型抜き
    型抜き(詳細)
    1枚の素材からワッシャーをつくる

    プレート状になった1枚の素材をドーナツ型に打ち抜き、ワッシャー(指輪の型抜きの状態)を作ります。
    同じ素材から出来上がることから二人の「絆」をイメージさせます。

    また、完成品の5~10倍の素材を贅沢に使用し、職人の技が活かされることで、丈夫で高品質な指輪ができます。

  2. 絞り加工
    職人の匠の技で形状を真円に近づける

    ワッシャーをプレス機でさらに絞り込み、素材の組織を締めながら無垢材の平打ちリングを作ります。この工程によりさらに耐久性の高いものとなります。※ 指輪を真円に近づけるには、永年の経験に基づく職人の匠の技が要求されるところです。

    指輪の断面

    ※指輪の断面。
    地金の組織が締まり、密度が高いことが確認できます。

    絞り加工(詳細)
  3. 切削成形
    切削成形(詳細1)
    職人の五感で完成品に仕上げる

    数種類の機械とダイヤモンドバイト(ダイヤモンドの刃物)を駆使し切削(ダイヤモンドカット)を行い、丁寧に輪郭を整え仕上げていきます。※ この際ダイヤモンドの光沢がリングに転写され、極めて優れた光沢「鍛造美」が生み出されるのです。
    指先の感覚や刃物の切れ具合、切削音等、職人の五感で仕上げるため、職人の感性が要求され、鍛造切削製法の生命線となるのです。

    尚、石留や彫り(手彫りによる模様付け)はこの工程で行われますが、後継者が少なく卓越された職人の技術が要求されるのです。

    切削成形(詳細2)
    切削成形(詳細3)

    ※ダイヤモンドバイトがリングに当たる瞬間

  4. 検品
    検品(詳細)
    最高品質を保証するために

    出来上がった全てのリングはルーペやマイクロスコープを使いながら、形状、キズの有無、サイズ等を厳しくチェックされます。数多く指輪をチェックしてきた品質管理者が感性を研ぎ澄まして1本1本入念にチェックをします。いわゆる経験に基づいた「目利き」が要求されるのです。